熱帯魚とは

スポンサードリンク



熱帯魚とは?と問われるとあまりにも漠然としすぎていて、すぐには的確に答えられる人も少ないのではないでしょうか。

熱帯魚といえば、どのような魚を言っているのか。どんな魚を熱帯魚として指し示すのか、あなたは答えられるでしょうか。

熱帯魚とは漢字を見て想像がつくいいますか、分かるといいますかその名前が示すように熱帯地方亜熱帯地方などに生息している魚を指しますね。

でも熱帯地方や亜熱帯地方などに生息している魚であれば何でもいいかというと当然ながらそうではありません。一般的に言って観賞に適した形や色彩などの鮮やかで美しい魚を言うのです。観賞用の魚ということで観賞魚とも言われてたりしてます。

しかし近年、慣用的にではありますが、熱帯魚観賞魚全般という位置付けもされていたりしてます。

日本での熱帯魚といえば、なんといってもグッピーエンゼルフィッシュというのが超が付くくらい有名ですよね。ほぼ間違いなく回りの人に「熱帯魚とは?と聞かれたら」と質問をすると「グッピー」、「エンゼルフィッシュ」と返ってくることでしょう。

まだまだ、日本での熱帯魚とはそんなものです。

ネオンテトラ」という人もいますが、実はこの「ネオンテトラ」も日本では有名な熱帯魚の一つです。
実際に私もこの3つの品種くらいしか熱帯魚ではイメージできる魚はありませんけどね。


熱帯魚ブーム


SPONSORED LINK



熱帯魚ブーム
というのも当然ながら起きています。何事にもブームはあるものです。
日本では1990年代に起きたのが記憶に新しい熱帯魚ブームではないでしょうか。

もちろん、この時にも大人気の「グッピー」、「エンゼルフィッシュ」、
そして「ネオンテトラ」。 しかし、割りとすぐにブームは去りました。

それから2000年代で一度、熱帯魚ブームが来ました。
それが、ディズニーアニメーションの映画ファインディング・ニモ」の登場によってでした。
これにより、「ニモ」のモデルの熱帯魚乱獲されるという悲劇もありました。


熱帯魚の飼育は贅沢な趣味

「熱帯魚を飼っているんだ」というと「お金がかかりそう」、「お金持ち!」というイメージを持ちませんか。
だって、熱帯魚水槽を見かけるとしたらオフィスや病院といったロビーなどが大半です。

でも、オフィスや病院のはインテリアを兼ねているので熱帯魚の「水槽」とは呼ばずに
アクアリウム」と呼ぶらしいですよ。

個人での趣味ではちょっと贅沢とさえ感じられるのではないでしょうか。
しかしながら、何事も工夫です。
安くお得に出来る方法もあるのです。安価にあげるにはショップの店員さんと
じっくり相談をしてみることが第一歩です。



SPONSORED LINK